取り付ける家庭が増えてきています

近年、健康な水への関心が高まり、ウォーターサーバーを取り付ける家庭が増えてきています。

ウォーターサーバーは、天然水や、ろ過したRO水(純水に近くなるまで水不純物を取り除いた水)を入れたボトルを

セットすると、温水や冷水を汲みだす事が出来るようになる吸水・給湯機器です。

ウォーターサーバーは、ボトルをセットするだけで、一般的な仕様で1パック12リットル

の水が吸水されるので、ペットボトルの水のように、その都度キャップを開けて注ぎ、

冷蔵庫に保管し直すなどの手間がいりません。

また、ウォーターサーバーの水は、5~8℃、お湯は80~90℃に設定されているので、

水を冷やしたり、沸かしたりし直す必要がなく、使いたいときに、そのまま使用することができます。

水は、契約した業者が、配達してくれるので、重たい水を自分で買って運ぶ必要も

ないので、大変楽です。値段も、店で売られているペットボトルを使用し続けることと

比較すると、お得になる場合もあります。

ウォーターサーバーのボトルには、ワンウェイ方式のボトルは、リサイクル可能な素材で作られ、

使用後はゴミとして廃棄することができる使い捨てタイプです。

ガロンタイプ(回収方式)のボトル利用と比べると、少し割高になりがちですが、保管に場所を取らない

という利点があります。

ガロンタイプは、業者が新しいボトルと引き換えに回収してくれるので、ワンウェイ方式の

ボトル使用に比べ、比較的安価で環境にも優しいという利点があります。

さて、ウォーターサーバーの水には、RO水か、天然水の2種類があります。

RO水というのは、0.0001ミクロンという極小のフィルター(RO膜)を通してろ過した水で、

このフィルター処理により、水の中に含まれているあらゆる不純物や細菌等を取り除き、

限りなく純水に近づいた水です。

天然水は、自然から採取した地下水を、ろ過・沈殿、加熱殺菌というシンプルな手段だけで

不純物を取り除いた水です。物理的・科学的な処理を置きなっていないので、

豊富なミネナル分が含まれており、無機質な感じはなく、水の味を楽しむことができます。

さらに、ミネラルウォーターは、カルシウムとマグネシウムの量によって、

「軟水」と「硬水」に分けられて表記されています。

水中に含まれるマグネシウムの量を硬度といい、硬度が高い水を硬水、逆に低い水を

軟水と言います。硬水はミネラルをたくさん含んでいるので、便秘を解消によく、スポーツ中の、

水分補給に最適です。

軟水は、身体への負担が少なく、口当たりもやわらかく飲みやすいので、

赤ちゃんのミルクや、料理、入浴などにも適しています。

ウォーターサーバーなら – 天然水ウォーターサーバーのアクアリズム