夏は「金魚」の季節。焼酎を夏でも楽しもう

夏が近づいていることを感じさせるような暑さが続いています。こんな暑い日はビールと決めている人も多いと思いますが、毎日ビールだとプリン体が気になりますし、何より同じ味に飽きが来てしまうもの。そこでたまには「金魚」などいかがでしょうか。「金魚」とは焼酎のロックに青じそ1枚と鷹の爪1本を入れた焼酎の飲み方で、鷹の爪が金魚のように見えることからその名前が名付けられました。焼酎の入ったグラスがまるで金魚鉢になったようで、目にも涼しげな飲み方です。また青じその香りと鷹の爪の辛みが加わるため、飲み慣れた焼酎を少し違ったテイストで楽しむことができるのです。いわば、焼酎を使ったカクテルと言えるでしょう。特に青じその独特の香りは食欲を増進させるため、私は夏バテの予防もかねて、夏は「金魚」で一杯を習慣付けています。皆さんも今夏はぜひ、「金魚」で一杯やってみてはいかがでしょうか。きっと夏バテも吹き飛んでしまうこと間違いなしです。シースリー 脱毛