腰を落としてのゴロ捕球が全然できなくなってました

先日久しぶりにソフトボールの試合に出場しました。およそ1年ぶりくらいの出場となったのですが、それほど動いていなかったにも関わらず、打撃は絶好調で、3試合の出場でホームラン2本を含む大当たりでした。一方、年齢を感じさせられたのは守備の方でした。普通のゴロであればそれほどレベルが下がった印象は自分ではなかったのですが、ボテボテのゴロが非常に大変でした。基本的に膝は曲がらない、腰は曲がらないで大変でした。私はサードを守っていたのですが、一人セーフティーバントをした人がいて、イメージではダッシュしてそのままジャンピングスローという感じで前進していったのですが、いざ捕球するときになると腰が「ギクっ」と音を立てた感じになってしまいました。しばらく手をついてそのままうずくまってしまい、もしかしたらやっちゃったかと思いましたが、数秒後になんとか体を起こすことができました。多少違和感はのこりましたが、そのまま試合には出れました。若いころであれば苦も無くやっていた動作が歳をとるとできなくなるものだと改めて感じた出来事でした。
脱毛ラボ 郡山