自分で抽出する美味しいコーヒーは至福のひととき

1日のリフレッシュにと,夜コーヒーを飲む事を楽しみにしています。
若い頃はコーヒーを飲むと胃が痛くなる事が多くあまり飲まないようにしていましたが,20年近く前に地元の焙煎豆店が出来て訪問してから,自分で豆を挽いて抽出するコーヒーの美味しさを知りました。
豆を挽くのも電動ミルではなく,手でグルグル回して挽くハンドミルを使います。
挽いた粉をドリッパーにセットしたペーパーフィルターに移して,沸騰してから少し冷ました湯で抽出を始めます。
水に凝っている人もいるようですが,水が美味しいといわれている地域に住んでいるので水道水を使います。
1回目は粉を蒸らすために下に落ちない程度に湯を注ぎ,20秒程経ってからペーパーを満たすよう静かに円を描くように注ぎます。
その作業を3〜4回粉の量に応じて繰り返しますが、ポイントは常に粉が湯に浸っている事です。
完全に落としきってしまうと,コーヒーのえぐみが混じり風味が落ちますし胃にも負担を掛けます。(経験談ですが)。
鮮度が良く上手に焙煎された豆だと,抽出するとビールのように泡が湧いてきます。
豆に含まれるガスによるものですが,それが良い豆の目安です。
地元に安価で良質な焙煎豆の専門店があるおかげで,毎日至福のひと時を過ごせています。借金相談 最短方法