ジェンダーレス男子の進化版?メイクする男子が増えている

つい先日、ネットのニュースで見たのですが、最近ではメイクをする男子が増えているらしいです。
時期とすれば少し前にはなりますが、ジェンダーレス男子という中性的な見た目の男子が増えているということも話題になったことがありました。
男の子がメイクをするというのもそうした流れなのかもしれません。
男性性=「男っぽさ」という考えは、いつの間にか古い考えになりつつあるようです。
しかし、男子のメイクといっても、女の子のように目から唇までばっちりメイクをするわけではないようです。
主な目的は肌のシミなどを隠したり、にきび痕などのコンプレックスを隠すために、薄くリキッドファンデを使う程度らしいです。
韓流アイドルが以前からやっているようなメイクを、少しマイルドにした感じというのが近いかもしれません。
もちろんすべての男子がするというわけではなく、まだ現状ではごくごく一部の男性の間の話ではないかと思います。
しかし、少なくともそういうことが普通にできるような風潮や文化というのができているようです。
時代によってファッションや流行というのは大きく変わりますが、これからの若い男の子の文化というのは、どんな方向に進んで行くのでしょうか。エピレ 脱毛500円

一時ですが自分が予言ヒューマンにでもなった様な考えがしました

英国のEUからの敗北か残留かを市民投票でする地自身おかしいと思いました。なぜならそういった重要な件は政治お家が司るべきことだと思うからです。
手元のことで心中が一杯の公衆にそういった眼識があるはなかなか思えませんし、それこそ政治お家としての役割の失敗のように思えてしまいました。
政治ではらちが明かないので市民投票にしたのだと言われてしまえばそれまでですが、では政治お家のお前場合は一体何やってるのかい、と言われても仕方ないような気がします。こういう敗北という結果になってまった以来市民へ残留を説得してきた首相の退陣は避けられないような気がします。加えて首相にはタックスヘイブン心配との絡みも指摘されており、罪人間として控えるから、随分美しく辞めれる千載一遇のおすすめときのような意思もします。
ですからいくぶん意思が手っ取り早い意思もしますが、さようならキャメロンと言いたい意欲でした。
だが私の読みは完全に的中してしまったみたいでした。直後アッという間に首相が辞任の本旨だと知らされた身は、久しぶりに見込みが的中したせいで全然意欲がよかったです。